お医者さんの話がよくわかるから安心できる「血液のがん」と言われたら・・・

「血液のがん」と言われたら・・・

  • 病気・症状
  • 高齢者
新刊

著:東京大学医科学研究所病院長・同先端医療研究センター教授 小澤敬也
  自治医科大学血液科講師 翁家国

血液のがんの検査と最新治療を詳しく解説

血液のがんは近年になって治療成績が向上し、完治を視野に入れた治療が試みられるようになっている分野です。この中でも代表的な白血病と悪性リンパ腫について、診断、検査、治療の内容を詳しく紹介しました。
また、高齢者に多い骨髄異形成症候群や多発性骨髄腫の現状や最新の治療動向も詳しく説明しました。
血液のがんと診断された方におすすめする一冊です。


楽天ブックスサイトへアクセスします

判型
A5判
価格
本体価格1,500円+税
頁数
160頁
ISBN
978-4-8327-0693-4
発行年月
2014年10月
電話で購入する
フリーダイヤル:0120-29-9625 携帯・PHS:03-6739-0711 ブックサービス(株) 受付 ; 9:00~19:00(土日祝は18:00まで)
他のサイトで購入

保健同人社サイト外へアクセスします

  • amazon.co.jpで購入

まえがき
1章 血液のがんとは
2章 完治が視野に入ってきた 急性白血病の症状、検査・診断、治療
3章 新しい治療法の開発が進む 骨髄異形成症候群の症状、検査・診断、治療
4章 画期的な分子標的治療薬が登場した 慢性白血病の症状、検査・診断、治療
5章 抗体医薬により治療成績が向上した 悪性リンパ腫の症状、検査・診断、治療
6章 新規治療薬により治療成績が向上した 多発性骨髄腫の症状、検査・診断、治療
7章 血液のがんと上手につきあうために

小澤敬也(おざわけいや)
1977年東京大学医学部医学科卒業、1985年米国NIH留学、1987年東京大学医科学研究所講師、1990年同助教授、1994年自治医科大学分子生物学講座(現:遺伝子治療研究部)教授、2008年自治医科大学分子病態治療研究センター・センター長(併任)、2011年自治医科大学免疫遺伝子細胞治療学(タカラバイオ)講座教授(兼任)、2014年東京大学医科学研究所附属病院長、同先端医療研究センター・遺伝子治療開発分野教授、自治医科大学客員教授。
専門分野:血液内科学および遺伝子治療・細胞治療。
所属学会:日本血液学会、日本造血細胞移植学会、日本内科学会、日本遺伝子治療学会、日本癌学会など。

翁家国(おういえくに)
1993年自治医科大学医学部卒業、2006年自治医科大学大学院修了、2013年自治医科大学血液科講師。
所属学会:日本内科学会総合内科専門医、日本血液学会専門医・指導医など。

ページのトップへ