手術以後のすごし方 子宮がん・卵巣がん そのあとに…

手術以後のすごし方 子宮がん・卵巣がん そのあとに…

  • 病気・症状
  • こころ
  • 健康生活
  • 女性
  • その他

立ち読みする

※立ち読みを閲覧するには、Adobe Flash Player最新版が必要です。
推奨する閲覧環境の詳細は、Digit@Link ActiBookのウェブサイトをご確認ください。

新刊

監修:国立がん研究センター中央病院 婦人腫瘍科 科長
加藤友康(かとう・ともやす)

婦人科がんの病後・手術以後の生活ガイド

食生活、入浴やトイレ、リンパマッサージ、性生活、仕事…の気になる疑問や不安に、医師、看護師、管理栄養士がわかりやすく答える。2009年発行『子宮がん・卵巣がん手術後の生活ガイド』に大幅加筆した新版。中長期的なQOL(生活の質)向上のため、外見の変化への対処、心のケア、最新のリンパ浮腫ケア、しびれの対処法などを追加。


楽天ブックスサイトへアクセスします

判型
A5判
価格
本体価格1,600円+税
頁数
160頁
ISBN
978-4-8327-0694-1
発行年月
2015年6月
電話で購入する
フリーダイヤル:0120-29-9625 携帯・PHS:03-6739-0711 ブックサービス(株) 受付 ; 9:00~19:00(土日祝は18:00まで)
他のサイトで購入

保健同人社サイト外へアクセスします

  • amazon.co.jpで購入
  • セブンネットショッピングで購入

はじめに【病後も有意義な人生をすごすために】
Part1【退院後、最初の外来受診まで】
Part2【術後の食事】
Part3【術後の日常生活】
Part4【術後の変化と対応】
Part5【リンパ節切除後のセルフケア】
Part6【注意が必要な症状】
Part7【からだのしくみ】

東京都出身。1983年、東京医科歯科大学医学部卒業。2006年より、国立がんセンター(現・国立がん研究センター)中央病院婦人腫瘍科。年間執刀数は約70 件。婦人科がんの医療に携わり、今年で30年目となる。著書に『もっと知りたい 子宮がん・卵巣がん』(保健同人社)、『子宮・卵巣がん手術後の100日レシピ』(女子栄養大学出版部)など。
日本産科婦人科学会認定医
日本婦人科腫瘍学会専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
国際細胞学会認定細胞病理医

  • 中長期にわたるQOL(生活の質)を高める情報が充実。
  • 外見の変化への対処、心のケア、新しい知見などを追加。
  • 医師、看護師、管理栄養士、臨床心理士によるわかりやすい解説。
  • 旧版より約3割のページ増。

ページのトップへ