EAPストレスマネジメント検査『Co-Labo』

ストレスマネジメント検査『Co-Labo』は、ストレスの原因にどのように対処するかという“コーピング”に焦点をあてています。

「ストレスの原因」と「結果」のみに重点がおかれた従来のストレスチェックと異なり、「コーピング(ストレスの原因への対処)」と「コーピングの資源」も測定。ストレスと上手くつきあう(ストレスマネジメント)ための検査です。

14万件を超えるデータをもとに開発。極めて高い妥当性(精度)と信頼性(再現性)を誇ります

実際の社会人のデータをサンプルとして、質問紙検査の安定性(常に安定した結果が測定できるか)を表す「信頼性」、同じく質問紙検査の正確性(目的とするものを測定しているか)を表す「妥当性」を検証。いずれも高い値であることが確認されています。

2短時間(約10分)で受検可能。個人の能力開発と、組織の活性化を支援します

『Co-Labo』の検査時間は、約10分。こころとからだの両面からストレス状態を把握でき、さらに「コーピング(ストレスの原因への対処)」や「コーピングの資源」もフィードバックされ、能力開発にもつなげられます。 組織向けの分析・フィードバックは、組織の活性化にお役立ていただけます。

3ストレスチェック後のフォローアップ施策が充実しています

一定の高リスク者には、注意喚起のメッセージを自動で配信。『Co-Labo』の結果にもとづくカウンセリングや研修(オプションサービス)等、ストレスチェック後のフォローアップ施策が充実しています。

コーピングとは

同じ仕事・同じ職場でも、ストレス反応が現れる人とそうでない人がいるのはなぜでしょうか。それは、その人のもつ「コーピング(対処方略)」が異なるからです。

ストレス発生のメカニズム(『Co-Labo』の測定尺度)

ストレス発生のメカニズム(『Co-Labo』の測定尺度)

『Co-Labo』検査概要

結果は、グラフなどを用いてわかりやすくフィードバックされます。こころとからだのストレス状態に加え、アドバイスもフィードバックされるので、能力開発の支援ツールとしてお使いいただくこともできます。

Co-Laboロゴマーク

検査時間 10~15分程度
実施方式 WEB方式
※マイページから、受検/結果の閲覧ができます。
※マークシート方式も可。

Co-Labo受検/結果画面

『Co-Labo』の効果検証

検査結果を使って、定量的な効果検証が可能です。

効果測定事例(1):『Co-Labo』+管理職者研修

効果測定事例(1):『Co-Labo』+管理職者研修

効果測定事例(2):『Co-Labo』+オンサイトカウンセリング

効果測定事例(2):『Co-Labo』+オンサイトカウンセリング

資料請求・お問い合せ Tel.03-3234-8007

保健同人社の上記サービスに関する資料請求・ご相談など、お気軽にお問い合せください。
※なお、当該サービスは企業・団体向けのサービスとなっております。

お問い合せ

保健同人社の上記サービスに関するご質問・ご相談など、お気軽にお問い合せください。
※フォームは30秒で入力できます。

資料請求

保健同人社の上記サービスに関する資料請求は、お気軽にお申し込みください。
※フォームは30秒で入力できます。

ページのトップへ

関連サービス
  • こころとからだの健康相談
    「こころ」と「からだ」両面からアプローチできる相談窓口です
  • 健康相談
    育児・介護・栄養相談など、医師のバックアップも受けられる専門性の高い電話健康相談です
  • メンタルヘルス相談
    電話やWEBでの相談の他、全国の面接機関でのカウンセリングも充実しています

ページのトップへ