EAPコンサルタントのコラム2016年11月(vol.82):パワハラ上司撃退法

 

他のコラムを見る

パワハラ上司撃退法

 昨今、ハラスメント問題が話題になることが増えています。好き嫌いという次元の話から、被害を受けた方が不調になって休職する、訴訟問題に発展するものまでさまざまです。今回はご相談が多い上司→部下のパワハラ対処について考えてみたいと思います。

それは本当にパワハラなのか?

 あなたが上司からの言動をパワハラだと感じたとします。まずはその言動がパワハラに該当するかを確認する必要があります。パワハラは以下に定義されています。

『同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為』
※厚生労働省「職場のいじめ・いやがらせ問題に関する円卓会議」より

 冷静に判断し、該当するようなら黙って耐えているのは得策ではありません。なぜなら、あなたが辛いだけではなく、上司にとっては問題行動が是認されたことになり、言動がさらに強くなり、エスカレートする可能性もあるからです。

ストレスマネジメントとして具体策を考える

 この状況にどのように対処するか、ストレスマネジメントの考え方に当てはめ、硬軟織り交ぜて対応策をいくつかご紹介します。

1)ストレスの原因をなくす・少なくする(自力で克服、相手に働きかける、逃げる)。

▼上司が余計なことを言えないほど完璧に業務を遂行し、周囲の評価を勝ち取る。

仮にできたとしても、パワハラはなくならないかもしれませんが、あなた自身の成長のためには良い方策かもしれません。また、実力をつけたあなたは、上司のことなど気にならなくなるかもしれません。

▼言動を改めてもらうよう、依頼する。

直接対決です。これができたら、または聞き入れてくれたら苦労しないよ、と思われるかもしれません。さらにひどくなるのが怖くて言えない方もいるでしょう。

▼パワハラだと感じた言動の意図を冷静に判断する。

上司の言動の解釈に誤解があるのかもしれません。「このように理解しましたが、正しいでしょうか」と確認してはいかがでしょうか。「そんなつもりはなかった」であれば多少なりとも溝は埋められるかもしれません。また、毅然とした態度で質問すれば、抑止に働く可能性もあります。

▼異動願いを出す。または退職する。

ハラスメントで心身の調子を崩してしまうことほど、もったいないことはありません。異動願いを出すこともできます。また、「最終的には辞めることだってできる」と考えることで多少は楽になるのではないでしょうか。

2)自分の受け止め方を変える。

▼成長のための試練だとあえて受け入れる。

上司だからといって、人間的に優れているとは限りません。未熟な人間だと割り切り、逆に教育してやろうという発想で対応策を練るというのはいかがでしょうか。

▼言動を予想して楽しむ。

次にどんな理不尽なことを言うか、と備えておくと案外楽しめることがあります。その際は記録に残し、相談する際に活用しましょう。

3)ストレスを発散する。

▼プライベートを充実させる。

仕事が終わったら、自分の時間を有意義に使うことを考えましょう。意識的にオンオフの切り替えをし、エネルギー充電を心がけます。

4)周囲の助けを借りる。

▼上司に指導できそうな他の人に相談。

上司に助言できそうな人、または対等以上の方はいないでしょうか。相談する際は、報復を受けないように、その不安も含めて相談しましょう。

▼仲間を増やす。

同じように虐げられている同僚はいないでしょうか。複数で訴えを起こすこともできます。また、愚痴を聞いてもらうだけでも救われることがあります。くれぐれも自分ひとりで悩まないでください。

▼窓口へ相談

ハラスメント相談やコンプライアンス相談窓口が社内に設置されていれば、相談することを検討しましょう。その際は状況について論理的に説明する必要があります。「ひどいことを言われて傷ついた」では窓口も対応ができません。どのような言動がどのくらいあったのか、あらかじめ記録を残すことをお勧めします。またはスマホで録音することもできます。これは暴言を止めたい時にも有効です。窓口対応が不十分であれば、外部機関への相談を検討することもできます。

 上記すべてを実行しても上司のパワハラ行為が改まらない、または会社が対応しないのであれば、そこはあなたのいる場所ではないのかもしれません。ただし、残念ながら、職場を変えたとしても、合わない上司がいる可能性はなくなりません。

 私は過去に上司との関係性が悪く、先輩に「上司がバカだから困る」とぼやいたことがありました。その時、「バカを操れないお前はバカじゃないのか」と言われ、「なるほど」と思った経験があります。これも受け止め方を変えるということでしょう。

 また、パワハラまがいの暴言は許されませんが、言われたあなたに本当に非がないか、これもきちんと内省することが大切です。

 最後に、パワハラする人を処分できずに要職に置いているということは、組織にも問題があります。それがいかに個人としてハイパフォーマーだったとしても、組織全体に悪影響を及ぼします。多くの部下は暴君が管理職であることを会社が認めている、と理解し、モチベーション・モラルの低下、人材流出のリスクが高まることをご認識いただければと思います。

(2016/11/18)

ページのトップへ

関連サービス
  • EAP
    従業員のこころとからだの健康をトータルで支え、よりよい職場づくりをサポートします
  • MOSIMO
    メンタルヘルス不調者が長期休職したときの企業のコストを試算するこができるツールです

ページのトップへ