『人事担当者・経営者のためのEAPケースワーク30』刊行インタビュー

新刊書籍『人事担当者・経営者のためのEAPケースワーク30』の刊行に先駆け、本書制作に携わった保健同人社EAPグループの中から、グループリーダーで臨床心理士の大谷裕と本書を企画した臨床心理士の平井大祐に話を聞きました。

1.まずは、書籍の概要から教えてください。

インタビュー風景

(大谷)本書は、さまざまな企業で発生したメンタルヘルスやフィジカルヘルスの困難事例の紹介と、その対応策について分かり易くまとめた事例集になっています。ただ、単純に事例とQ&Aを並べただけではつまらないので、人事担当者のつぶやきのような本音を入れて共感をもってもらえる内容になっています。

(平井)ある程度、目次で内容がイメージできるようになっていますので、分かり易く読んでいただけると思います。

2.本を出そうと思ったきっかけは?

インタビュー風景

(大谷)私たちは、EAPコンサルタントやメンタルヘルスセミナーの講師を日々務める中、人事担当者からのご相談や研修受講者からのご質問をお受けしています。ご相談は多種多様で、日々悩まれている方々がいることを実感しているので、書籍という形で出版をすれば多くの人の目に触れる機会が広がり、一人でも多くの関係する人たちへ届くのでは、と思ったのがきっかけです。

(平井)この本を読んでいただくと、“EAPコンサルタントが何をできるのか”を知ってもらえるのではと思っています。私達EAPコンサルタントが何をしていて、どのようなコンサルティングをご提供できるのか、これらはまだまだ知られておらず、対処が必要な人事担当者にもご理解いただけていない部分が多いと感じています。そういった点でも、本書を出版する意味があると感じました。

3.どのような方に読んでもらいたいですか?

インタビュー風景

(大谷)人事担当者をはじめ、産業保健スタッフ、管理職 等々、メンタルヘルス対策で困っている人だけでなく、健康経営に取り組まれようとしている経営者の方にも是非読んでいただきたいと思っています。

(平井)「新型うつ病への対応に困っている」、「ストレスチェック法制化が気になっている」、「海外赴任者が多く、メンタルヘルス対策や赴任地での健康対策を考えたい」等、具体的な困難事例を抱えている方々にはぜひ読んでいただきたいです。

4.執筆段階で苦労した点、また工夫した点などがあれば教えてください。

インタビュー風景

(大谷)本書は、当社EAPコンサルタントの総力をあげて作りました。皆でケースを出し合い、それに肉付けをしたものが基盤になっています。普段、人事のご担当者様から数多くの事例をお聞かせいただいていたので、数多ある事例からよくある事例を厳選するようにしました。

(平井)本書は10章立ての構成になっているのですが、今回出した30事例は10章に対して3つずつケースを掲載しています。実際にはケースそれぞれには前後関係があって、さまざまな要素が絡んでくるのですが、これらすべてを載せるわけにはいかないので、実例の臨場感を損なわないように、かつ、分かりやすく理解してもらえるよう編集しました。その点は苦労しましたね。
その他に、からだのこと、健康経営、人材開発、海外、震災後の惨事ストレスケアのケースも参考にしていただける企業が多いのではと思い、テーマとして取り上げるようにしました。

(大谷)今回は、心療内科医で東急病院健康管理センター所長の伊藤克人先生にご意見を頂戴しながらご監修いただきました。また、当社EAPグループの顧問である、松井豊先生、岡田邦夫先生にも日ごろからアドバイスをいただいております。

5.最後に。読者の方々へのメッセージをお願いします。

(大谷)“EAP”というとメンタルヘルスケア対策という印象がありますが、それだけではなく、私たちは、広く「こころとカラダの健康対策」となるものがEAPと考えています。ですから、メンタルヘルス対策だけではなく、フィジカルヘルス対策の事例やハラスメントの事例など、さまざまな事例をあげています。まずは目次を見ていただき、興味のある事例の部分から気軽に読んでいただければと思います。また、知識のある方々は、普段の対応内容の確認としても読んでいただけるのではと思います。

(平井)経営層の意識が変わらないといくら人事担当者の方がEAPの重要性を理解していても、実際に進めていくのは難しいという状況があると思います。そんなときにこの事例集を資料にして参考にしていただくといった活用法もあると思っています。

大谷さん、平井さん、ありがとうございました。

区切り線

インタビュー後の話を少し。今回の表紙デザイン、白い円は『希望』を、黒い吹き出しは『課題や問題』を表しているとか。これら課題や問題がEAPによって解決していく、そんなコンセプトが表紙デザインに込められているそうです。

区切り線

保健同人社は、本書が皆さまの抱えられている課題やお悩み解決の一助となるべく、一人でも多くの方々にお届けでるよう取り組んでまいります。電子書籍化も目下進行中ですのでリリースまで少々お待ちください。

人事担当者・経営者のためのEAPケースワーク30

人事担当者・経営者のためのEAPケースワーク30

「彼は、本当に『うつ病』ですか?」「職場で『バカ野郎!』と怒鳴られたらパワハラ?」など、どこにでもありそうな職場のヒトコマを切り口に、問題の分析と解決の糸口を提案します。経験豊富なEAPコンサルタントが職場のさまざまな困難事例の中から、心、身体、能力開発の観点から厳選した事例を紹介します。思わず共感してしまう「人事のホンネ」も注目です!

詳細はこちら

読者からの感想が寄せられています

ページのトップへ