「いびき」はからだの「赤信号」

「いびき」はからだの「赤信号」

  • 病気・症状
  • 健康生活

著:千葉大学医学部呼吸器内科教授 巽浩一郎

「睡眠時無呼吸症候群」は、繰り返される無呼吸や低呼吸が、狭心症や心筋梗塞、脳出血や脳梗塞のリスクになります。「いびき」の仕組みから、診察・検査・診断、そしてCPAPなどの個々に応じた治療法まで解説。









楽天ブックスサイトへアクセスします

判型
A5判

価格
本体価格1,600円+税
頁数
160頁
ISBN
978-4-8327-0639-2

電話で購入する
フリーダイヤル:0120-29-9625 携帯・PHS:03-6739-0711 ブックサービス(株) 受付 ; 9:00~19:00(土日祝は18:00まで)
他のサイトで購入

保健同人社サイト外へアクセスします

  • amazon.co.jpで購入
  • セブンネットショッピングで購入

1章:「いびき」が問題にされるわけ
2章:「いびき」は病気です
3章:どうして「いびき」をかくのか
4章:いびきの検査と治療法

ページのトップへ

ページ上部へ戻る