「食道がん」と言われたら・・・

「食道がん」と言われたら・・・

  • 病気・症状

著:群馬大学大学院病態総合外科学(第一外科)
桑野博行(くわの ひろゆき)
宮﨑達也(みやざき たつや)  

今後、自分が受ける検査・治療のことがよくわかる

食道がんで亡くなる方は、年間で1万人を超えています。中高年男性に多く、女性の約6倍です。手術も大規模な治療となることが多く、以前では「難治性」といわれた食道がんですが、今では早期発見により「治り得るがん」という段階になってきました。症状から検査・診断、内視鏡治療や手術療法、化学放射線療法などの治療法までをわかりやすく解説します。治療を受ける方にとって心配な副作用や、手術で食道を切除した場合の「食道再建」、喉頭摘出により呼吸のためにのどに開けた「永久気管孔」についても触れ、退院後の生活の注意点まで解説します。









楽天ブックスサイトへアクセスします

判型
A5判

価格
本体価格1,500円+税
頁数
144頁
ISBN
978-4-8327-0665-1
発行年月
2011年11月

電話で購入する
フリーダイヤル:0120-29-9625 携帯・PHS:03-6739-0711 ブックサービス(株) 受付 ; 9:00~19:00(土日祝は18:00まで)
他のサイトで購入

保健同人社サイト外へアクセスします

  • amazon.co.jpで購入
  • セブンネットショッピングで購入

1章:食道がんってどんな病気?
2章:食道がんが気になる方へ
3章:食道がんと診断された方へ
4章:これから手術を受ける方へ
5章:手術以外の治療を受ける方へ
6章:食道がんの治療を受けた方へ
7章:緩和医療について

ページのトップへ

ページ上部へ戻る