2011年6月(vol.21):最も支援が必要な社員、それは人事部門の方々かも・・

 

他のコラムを見る

最も支援が必要な社員、それは人事部門の方々かも・・

人事部門とEAPコンサルタントの関係

私たちEAPコンサルタントが、お客様である企業・団体様にサービスをご提供するにあたり、最もひんぱんに連絡をとらせていただくのが、各組織の人事をご担当されている方々です。新規にEAPサービスを導入させていただく場合は、「組織内の産業保健体制はいかがですか」とか、「どんな特徴が組織・従業員のみなさんにありますか」など、お客様を理解させていただく話をあれこれと聞かせていただきます。研修プログラムの実施や各種心理支援サービスを手配する際は、実施目的の特定や効果的な実施手段など大きなテーマの検討から、会場準備など細かなことまで、さまざまなタスクについて、人事ご担当者様とのコミュニケーションを重ねながら協働体制で進めてゆくことになります。

EAPサービスを展開するとき、人事ご担当者様と私たちEAPコンサルタントは、「はたらく人々を支援するため、はたらきやすい職場をつくるため」という共通目的のもとで作業を進めますので、お客様と外部業者という関係でありながらも、同じ課題に取り組む者同士の連帯感が湧いてくる状態へと関係性が変化してゆくのを感じることができます。はじめのうちは、お互いに礼儀に配慮したビジネスライクな語調でのやりとりが行われますが、やがてコミュニケーション頻度がふえ、話す内容も多岐に広がる頃には、取引関係の堅さはとれて、おたがい仲間意識をベースとしてオープンな対話を自然に交わすようになります。

そんな自然な会話が交わされる頃、私がふと、まったく無意識のうちに人事担当者様につぶやいてしまうお決まりのフレーズというものがあります。とくに組織内の問題が複雑だったり、根深かったりするときはほぼ100%の確率で人事の方にこうつぶやいてしまうのです。「・・・それにしても、いちばん大変なのはこの状況で人事担当をされている○○さん、あなたご自身ですよねぇ。」

「ケアーギバーズ・ケアCare-givers Care」というコンセプト

災害支援などの現場で、被災者の人命救助や心のケアにあたるプロ支援者の世界では、”Care-givers Care (ケアーギバーズ・ケア)”というコンセプトが、任務遂行上とても重要なポイントとして常識化しています。「ケアーギバーズ」とは、ケアをギブする人たち=支援を提供する人たち、を意味しますので、「ケアーギバーズ・ケア」は『「支援を提供する人」を支援すること』です。どんなに訓練を積んだプロの支援者であっても、しょせんは生身の人間です、その人なりの限界があります。厳しい任務や高度のストレス環境にさらされ続ける支援提供者が、個人のストレス耐性の限界を超えてバーンアウトする(燃え尽き状態になる)ことを予防するため、または、ストレスによる職務能力低下をさけるために手配する定期的・強制的なストレスの軽減対策、それが「ケアーギバーズ・ケア」です。

災害現場ほど深刻ではなくても、人々の思いが複雑にまざり合う職場課題に対処し続ける人事ご担当者もまた、エンドレスで従業員を支援し続ける「ケアーギバーズ」なのでは、と考えると、人事のご担当者は、組織内で最もストレス軽減対策を必要とする対象者の筆頭にあげておくべきではないでしょうか。

人事担当者にこそ必要な職場ストレス対策

「心の病気による休職者が増えて困っています」「人事の立場だと社員との関係はなにかと微妙なので・・・」「職場人間関係のトラブルが増えている」「経営と社員の間で板バサミですよ・・・」などなど、ひとりでは対処しきれない場面で困惑されている人事担当者のつぶやきが、日本全国どこからでも聞こえてきます。それだけ人事担当という職種は、さまざまな職種の中でも、高レベルな職務ストレスと業務難易度を伴うものなのでしょう。

私たちEAPコンサルタントは、身近なビジネス・パートナーである人事ご担当者様が、ストレスを抱えながらもなんとかがんばり続けている姿に触れると、「いちばん大変なのは、あなたご自身ですよねぇ」と、ねぎらい半分、共感半分の想いからつぶやきたくなってしまうのです。「医者の不養生」じゃないですが、人事(≒ひとごと)に追われるなかで、人事ご担当者のみなさんは自分自身のケアを後まわしにしてしまいがちです。けれどもその後まわしが継続すると、みなさん個人の健康障害リスクが高まるだけでなく、人事部門の活躍を頼りにしている組織全体の機能までも休止させるリスクまで高まってしまいます。そうしたリスクに未然対処するためにも、「支援者には自分自身のケアが必須である」というケアーギバーズ・ケアの発想をぜひご留意いただいて、ご自身の効果的ストレス対策を日常的に実行していただけたらと思います。

(2011/06/29)

ページのトップへ

関連サービス
  • EAP
    従業員のこころとからだの健康をトータルで支え、よりよい職場づくりをサポートします
  • MOSIMO
    メンタルヘルス不調者が長期休職したときの企業のコストを試算するこができるツールです

ページのトップへ

ページ上部へ戻る