複合的にWell-beingサービスを提供する、新デジタルプラットフォームサービスを構築中

当社は、「健康になりたい人」と「健康になってほしい人」を結びつけ、 複合的にWell-beingサービスを提供する「新デジタルプラットフォーム」の構築に取り組んでおります。このプラットフォームは、『家庭の医学』をはじめ当社が積み上げてきた健康増進・疾病予防の確かな知見にデジタルの力を掛け合わせることで、一人ひとりに合ったきめ細かなソリューションを提供することが可能となります。

健康増進・疾病予防のサポートから効果検証まで、ワンストップで提供

保健同人社の新デジタルプラットフォームサービスは、 「健康になってほしい人=保険者様、企業様」に向け、健康増進・疾病予防を支援するサービス、および効果検証までをワンストップで提供。健康経営やデータヘルス計画の推進を通じて、企業価値向上・医療費適正化等に資することをめざします。 また、「健康になりたい人=エンドユーザー」は、医療情報や病気についての検索、健診結果やヘルスログの閲覧、医療・健康相談、健康保険関連の情報閲覧等が、スマートフォン一つで可能になります。 ユーザーファーストを徹底し、使いやすさはもちろん、誰もが自然に未病・予防への行動を起こす仕組みを構築します。

新デジタルプラットフォームの目指すもの

新サービス「みんなの家庭の医学」をリリース

1969年の創刊以来、家族の健康を支えてきた『家庭の医学』が「みんなの家庭の医学」(アプリ/WEB版)として生まれ変わりました。
「みんなの家庭の医学」は、健康に関する様々な不安や悩みに寄り添うヘルスケアサービス。信頼できる健康・医療情報の検索、専門家への健康相談など、「日常以上、病院未満」の健康課題を解決し、人々のWell-beingな毎日を支えます。

利用シーン(例)

  • 少しの不調を感じたとき、相談できる人がいない
  • どの病院を受診すればいいのかわからない
  • 離れた高齢の親の健康が気に掛かる
  • 健康増進や病気予防は退屈で続かない
  • ネット検索した情報が信頼できるかわからない
  • 単身赴任や遠方に住む家族の健康が心配

「みんなの家庭の医学」(アプリ、WEB版)主要機能について

 

①家庭の医学+  
『家庭の医学』をデータベースとした辞書コンテンツ。医療の専門家が監修した、科学的根拠のある最新の医療・健康情報のみを掲載。医療機関の検索も可能。

②みんなのお悩みQ&A  
年間10万件寄せられるからだとこころの健康相談から、特に多い事例を改編したQ&A集。

③健康相談  
電話・メール・予約の3つから利用しやすい相談形式を選択して、アプリから直接、医療専門職へ相談が可能。
 ※契約団体に加入の方のみのオプション

 

〈今後リリース予定の機能〉
・家族機能

アプリ内で家族とつながって、家族みんなで健康管理をしたりウォーキングゲームに参加。離れて暮らす家族も一緒に健康に。
・マイページ
自身の歩数・体重の記録管理や個別のアドバイス配信で楽しく健康増進。

 

今後も「家庭の医学+」「みんなのお悩みQ&A」のコンテンツ拡充など、ヘルスケアに役立つ機能を多数追加予定です。