管理職・新入社員ともに3年連続「面倒見がよい」上司が横綱に番付!管理職・新入社員に聞いた 2016年度 理想の上司イメージ番付

2017年6月21日
株式会社保健同人社

 株式会社保健同人社(本社:東京都千代田区)は、2016 年度の管理職および新入社員を対象に「理想の上司イメージ」を尋ねる調査を実施いたしました。アンケートの集計結果を番付形式にまとめましたので、ご報告いたします。

調査概要

調査期間:2016年4月1日~2017年3月31日

調査対象:保健同人社の企業向けメンタルヘルス研修・健康研修受講者

調査方法:書面でのアンケート

有効回答:2,585 人(このうち管理職1,246 人・新入社員208 人)

調査結果

理想の上司に求める個性として最も多く挙げられたのは、管理職、新入社員ともに「面倒見がよい」が横綱に番付されました。「分析力がある」上司の昇進も共通の傾向となりました。「面倒見がよい」イメージに近い有名人として、管理職では北野武さん、新入社員では松岡修造さんが、それぞれ最も多く回答されました。

管理職の理想の上司イメージ 番付 新入社員の理想の上司イメージ
面倒見がよい 横綱 面倒見がよい
責任感が強い 大関 明るく振る舞う
配慮ができる 関脇 分析力がある(↑)
分析力がある(↑) 小結 責任感が強い(↓)
創造性に富む(↑) 前頭 配慮ができる(↑)

以上

ページのトップへ