沿革

保健同人社の歴史

保健同人社の中心には、
いつもお客様の健康を願う気持ちがあります。

保健同人社は1946年、創立者である大渡順二が自らの闘病体験とわが国の結核患者の実情を鑑み、結核療養のための指導啓発雑誌『保健同人』を創刊したことに始まります。同誌は厚生大臣賞、保健文化賞などを受賞しながら、誌名を『暮しと健康』と変え、わが国で初めての家庭健康雑誌へと引き継がれました。
また、1954年には「人間ドック」と名付けた検診システムを共同で開発したり、1988年にはメンタル相談をも含む電話健康相談事業を開設するなど、他に先行して保健事業を営んでおります。
近年では「ケータイ家庭の医学」などITを取り入れた情報発信、双方向サービスを実施し、一貫してお客様の健康を願い、これを支援してまいります。

沿革

1946年1月

保健同人旗上げ(今のNPO)。結核の予防と治療の大衆啓蒙雑誌の発刊を決める

1946年6月

雑誌『保健同人』創刊

雑誌『保健同人』創刊。7,000部印刷。表紙は東山魁夷画伯

1947年5月

結核専門医による「面接療養相談室」設置(診療のオープンシステムの先駆け)

1949年1月

啓蒙書処女出版として隈部英雄著『結核の正しい知識』刊行。当時“結核療養のバイブル”といわれ、療養者の間で広く親しまれた

1952年1月

ラジオ東京より『明るい療養』放送開始(ニューメディアの取り組み)

1952年5月

結核死亡半減式典において、結核予防の功労団体として、厚生大臣賞を受賞

1953年10月

雑誌『これから』創刊(今日のシニア向け健康雑誌の先駆け)

1954年2月

日本で初めて人間ドックを創案。国立東京第一病院にて、東山魁夷、細川隆元、恒川真の三氏がテストドック入り

1954年9月

人間ドック誕生秘話

聖路加病院、昭和医大病院、東京女子医大病院が人間ドックに加わる。運営は保健同人社

1956年9月

保健文化賞を受賞

1958年5月

『症状からみた家庭の医学』発刊

1960年5月

人間ドック開設の努力に対し、日本病院協会賞を受賞

1960年12月

財団法人保健同人事業団を設立

1961年4月

保健同人診療所、診察開始。顧問医百余名(お医者の名店街)を迎え、専門医の特別相談を開始(今日のセカンドオピニオン)

1962年6月

(財)保健同人事業団に、健康セミナー「保健同人教室」開設、今日の「健康教室」の前身である

1963年1月

(財)保健同人事業団が、「1日特急ドック」を本格的に発足する

1964年6月

“健康”をトータルにとらえるために雑誌名を『保健同人』から『暮しと健康』に一新

(財)保健同人事業団に、「女性ドック」発足

1969年10月

家庭の医学

保健同人『家庭の医学』(略称「新赤本」)を発刊。家庭医学書にセルフケアの発想を盛り込む

1970年

雑誌「笑顔」創刊。「ママは家庭の健康管理者」をモットーに家庭直送で好評を博す

1988年4月

笑顔でヘルシーダイヤル」を開設。電話による健康相談を始める

1989年4月

海外ヘルスサポート」を開設。海外邦人のための電話相談を始める

1989年10月

「心の相談室」を開設。電話と面接によるメンタルヘルス相談を始める

1995年4月

電話健康相談が年中無休、24時間サービスとして運営し始める

1996年4月

訪問保健指導」発足

心の相談ネットワーク」全国展開

1997年6月

電話相談にコンピュータ支援システム(LAN)導入

1997年8月

『薬と病気の本』発刊

1999年1月

『心の家庭医学』発刊

2000年7月

健康情報発信サイト「J-Health」スタート

2002年4月

トリアージュ開発にあたって

電話相談「トリアージュ」開発、CTI・CRM新システム開発

2003年2月

笑顔健康クラブ発足

2004年

心の相談契約急増、WEBコンテンツ契約急増

2005年4月

心の相談ネットワークの運営を(財)保健同人事業団から(株)保健同人社へ移管

復職支援プログラム開始

2005年5月

ケータイ家庭の医学

i-モード等携帯電話による「ケータイ家庭の医学」情報配信を開始

2005年6月

マリア・フィアタローネ教授を招聘して高齢者筋力トレーニングセミナーを開催

2005年8月

新編「家庭の医学」新赤本発刊

2006年6月

会社創立60周年を迎える

2007年4月

EAPコンサルタントサービス開始

2009年8月

新型インフルエンザの対策への貢献に対し、厚生労働大臣より感謝状を受ける

2010年7月

iPhoneアプリ「家庭の医学」「応急手当」「症状チェック」をリリース

2011年11月

ケータイ家庭の医学SP

スマートフォン版公式サイト「ケータイ家庭の医学SP」をリリース

2012年4月

新EAPサービス「TEAMS」をリリース

2015年4月

電話相談サービスで、多言語相談対応を始める

2016年4月

電話相談サービスがリニューアル

2016年4月

「平成28年熊本地震」の被災地・被災者への支援として「iPhoneアプリ 家庭の医学」を無償提供

2016年6月

創業70周年

2017年1月

東京商工会議所千代田支部より感謝状(永年会員表彰30年)を受ける

ページのトップへ

ページ上部へ戻る