願ひ

健かなるも驕らず、病めるも屈せず

あかるく、逞しく、力をあはせ

お互の手で、お互のために、たすけあひませう。

六尺の床も、わたしたちの天与の道場。

ここにあたらしい生活の出発のあることを感謝しませう。

病に親しむとともに

病を生活しませう――それは飽くまでも厳しく科学的に。

いままでの迷ひを反省し

懐疑をはらひ、臆説をただして

新しい科学の大道に予防と療養の生活を再建しませう。

道はただひとつ

――結核を科学しませう。

創業者大渡順二によって記された「願ひ」は、保健同人社そのものの願いであり、心身の健康全般を取り扱うようになった現在も、大切に引き継がれている精神です。

ページ上部へ戻る