健康経営 推進体制について

推進体制について

健康経営推進体制図

  1. CWO(最高Well-being責任者)を代表取締役社長が担い、CWOオフィスと人事室、健康管理室、ブランディング・広報室が中心となり、各種施策の企画・立案・実行を行う。
  2. 推進に当たっては、CWXOオフィスやアンバサダーなどの健康経営を主軸とした組織・メンバーと協働して行うほか、衛生委員会、従業員代表から意見の吸い上げを行い、社員の意見を取り入れていく。また、産業医や健康保険組合と当社の健康課題について意見交換をし、中長期的な方針を協議していく。

※CWXOオフィス…社屋移転に伴うオフィス設計、働き方改革等を担う組織。
※アンバサダー…健康経営推進に当たり各職場での意見聴取や意識醸成を担うメンバー。

|2|

ページ上部へ戻る