お知らせ

「新型コロナウイルスに関連した感染症」情報
―妊婦の感染予防対策について―

2020年4月6日版

妊婦の新型コロナウイルス感染予防対策

現時点において、新型コロナウイルスに感染した妊婦の臨床的な特徴や、胎児・出生児への影響に関する中国等の研究者からの報告によると、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠していない方と比較して変わらないとされています。また、胎児へのウイルス感染に言及した報告はありますが、胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告はありません。

●日常の感染予防について

一般的に、妊婦の方が肺炎にかかると、重症化リスクが指摘されています。人混みを避ける、こまめに手を洗うなど日頃から健康管理を徹底してください。また、密閉空間・密集場所・密接場面の「3密」が同時に揃うような、感染リスクの高い場所を避けた行動をとるようにしてください。

●働き方について

働いている妊婦の方は、妊娠週数や体調などをかかりつけの産科医と相談したうえで、時差通勤や在宅勤務、休暇の取得など働き方について、職場の上司や産業医など産業保健スタッフ等と相談するようにしてください。

●発熱などがある場合の対応について

妊婦の方で、次の症状が当てはまる場合には、早めに居住地域の帰国者・接触者相談センター(保健所)にご相談ください。

①風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続いている
②強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

・新型コロナウイルスに関する都道府県・各地域の帰国者・接触者相談センター(厚労省HP)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

●妊婦健診の受診について

新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した場合やご家族に感染疑いのある場合は、妊婦健診受診前に、かかりつけ産科医に電話でご相談ください。

●分娩について

妊婦の方が新型コロナウイルスに感染した場合については、現時点では各都道府県で対応を検討中です。専門の医療機関で治療や分娩管理を行うこともあります。分娩については、帝王切開が多いという報告が中国からありますが、症状や医療機関の体制によって方針が異なることもあります。新型コロナウイルスに感染した妊婦の方は、かかりつけ産科医と分娩先などについてご相談ください。

●日本産婦人科感染症学会からの情報について

日本産婦人科感染症学会は、公式ホームページに「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について 妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ」というタイトルで、妊婦および妊娠を希望される方向けに随時情報を更新しながら情報提供を続けています。要点と詳細情報を分けて記載されております。
http://jsidog.kenkyuukai.jp/information/
※記事の中で内容とURLを紹介することを日本産婦人科感染症学会より許可を得ております。

監修:寺下 謙三(寺下医学事務所 代表)

参考

ページ上部へ戻る